投資信託をする際には、投資をスムーズに行うためにも専門用語を知っておいた方が良いです。 投資信託で知っておくべき言葉には、以下のようなものがあります。 ・アナリスト ・委託会社 ・分配金 ・押し目買い ・希薄化 ・決算日 アナリストとは、投資の専門家のことで、一般的に日本証券アナリスト協会の検定会員のことをいいます。 また、金融機関の調査部門などに所属している人のことを指す場合もあるでしょう。 委託会社は、投信会社や運用会社と呼ばれることもあるファンドの運用を行う会社のことです。 分配金は、事前の取り決めに基づいて投資家に分配されるお金のことで、普通分配金と元本払戻金(特別分配金)があります。 押し目買いとは、相場が下がった時を狙って購入することをいい、押し目買いをすることによって、値上がりによる利益を得られる可能性が高いです。 希薄化とは、発行済株式数が増えた影響で、1株当たりの価値が下がることを指します。 決算日というのは、ファンドの決算日のことで、運用成績に応じて分配金が支払われるでしょう。 これらの用語の意味くらいは、投資信託を始める前に知っておくようにしてください。